誰かがいった。

そうじゃなくて私が言った日常の何か。

あーすばうんど。

1.地に固着している、根を張っている。

2.生き物、地表から離れられない。

3.世俗に囚われた、現世的な、想像力のない、散文的な。

4.地球に向かっている。

おひさしぶりです。あおです。
生活の話をします。

1.
ふととても寂しくなるようなことを考えてそれでものすごく寂しくなってしまって、それからその日はすこし上の空だった。なんてことはない、ほんとうになんてことはないんだけど、嘗て足繁く通った都内のマンションだとか、ある地方都市のローソンだとか、私の脚は、目は、景色を覚えている。そこには誰かがいて、各々の生活によってその景色を見ることというのはなくなって、だから今走っているこの道もいずれそうやって自分の年齢とともにあの頃の身体の延長線と刻まれるのだろうか、今ではなくなるのだろうか。ただ無性に意味もなく寂しくなったんだよね。全部なにもなくなっちゃったりすることを想起したのかもしれないし、でもそうやって意味のある場所を増やしていくのは、なんだか生だなと思ったし、悪くないとも思えていたし、よくわかんないや。

2.
だからはやく70代の品のある老人になって街の中に記憶を見出しにいきたい、とか思ったけど今を、私は今に生を、生が、なきゃ、だめ、なんだ。今をめちゃくちゃちゃんと生きてるから記憶に残るんだし物語にできるんだしそれならなんていうか、ぐっとこの五体をここに引き寄せて、思考を精神をそこに収めて、それで笑っていきてえなあ、それで、そうしようと生きてたこと、絶対忘れられない気がする。右も左もよく分かんなくてとにかく右往左往しながら戸惑うように生きてた一年、一年が、そしてその間に何度も繰り返し走った道とか、これから何があってもたぶん振り返って思い出すことになる、あの頃は若かったとか言うのかもしれないし、みたいなことを考えてたらもうね、滂沱、あはは。

3.
繰り返し繰り返し走ったり、生活になってみたり、働いたりしてる。そんな話を今書いている。
絶望していこうね、希求していこうね、諦めていこうね、求めていこうね、さまざまな言葉で綴られているのは根を張り、土を耕し、現世的な、生きるためのこの行為は蔑むようなものではないという祈りだったのかもしれない。
不器用だからこうやって書いて書いて考えて考えてやっとそれで少しだけ出来るようになって、まあ、生活に愛が満ちたりていくのかもしれないとおもう。

4.
"Simple as can be"
えーっと、好きな歌の歌詞です。
簡単にでもいいから、だそうです。
おしまい。

夏の初めに一つ備忘録でした。
ありがとうございました。

レコードに針を落とせ。

こんばんは。

部屋のお片付けと情緒の話をします。

昔仕舞っていた数々のレシートと切符が出てきて、いろいろな思い出がそこにあったことを眺めて嬉しくなったり恥ずかしくなったり楽しくなったり悲しくなったんです。でも半分も思い出せなかったことがさびしかったなと思ったし、もう切符を残さなくなった私のことを情緒を失ったと呼べばいいのか、それとも今この瞬間を忘れないように生きようと選んだのか。

一つ間違いなく言えるとしたら私は変わっていくのだろうし、その事にいろいろ思ったり(プライドが高すぎるんじゃない?とも言われたり)して、でも「君は変わっていくし変わってゆける、怖がらなくてもいいんだよ。」とその夜に言われた。(打ち上げで飲んだお酒はとても美味しかった。)

あ、いまが幸せだ。
なんのためらいもなくそうおもったしそうしていきていたいね、ふふ。

もう思い出せなくなっちゃった思い出の抜け殻たちはきちんと還れるように庭で燃やします。
それと燃やしてしまったことを忘れるまではいま思ったことを覚えていたいし、忘れてゆける日がくるなら笑ってむかえようと思いました。たぶんそれまでは泣き言もいうだろうし、ぐるぐるまわりながらそれでもわらってやるって気概をだいじにするんだ。
これは宣誓です、その日が来てもどうか仲良くしてくださいな。
そしてレコードには針を。

夜半、空に輝点。

笑えるほど長く、泣きたいほどに短い一年が終わった。
うん。新年だ。

旧くなった一年も、新しくなったこれからも、なにか長々と言いたかったけれど、やめた。

そのかわりいまをすこしだけ話すことにした。

この新年は友人の実家に遊びに行って慌ただしく始まったのだけれど、とても愉快だった。夜に向かって飛び出した、朝に向かって帰った。人に会った。川に行った。帰りを惜しむように降る雨、雪、願い事の間に合わない流れ星。変わりゆく空の色、射し込む朝日、富士山。とにかく綺麗だった。

終わらせることも始めることもないな、続いてゆけば幸せ。そう願った。

そう願った。

抱負です。

おはよう。

日記です。

柔らかく朝日が差し込み、青い鳥はまるで祝福のようにさえずる。
誰が言ったか分からない暴言も、部屋の片隅で願う小さな幸福も、等しく濁流のように消えてゆく。

おげんきですか?
おかわりないですか?

おひさしぶりです。

 夏の嵐、この軽い身体がどこか遠くへ飛ばされそうでなんだか落ち着きません。
そわそわしたりじりじりしながらすごしていたのですけれど、秋だそうです。はやくすずしくならないかな。さいきんは友人をおうちに呼んでみたり、ふぇすにでかけてみたり、なんだか充実した日々をおくってるかもしれません。枯れた線路を歩き回りながらスタンド・バイ・ミーをくちずさんだり、バーテンダーになってみたりしてる。すごく会いたかった人に会いに行ったりもした。会いたかった人はほんとうに会いたかった人だった。

わるくない、わるくない。

 ことしのなつはなにかあるたびに泣いていたな、この一年くらいでわたしはすっかり泣き虫さんになった気がする。映画を観れば泣くし、音楽を聴いても泣くし、人に会っても泣くし、お酒を飲んでも泣くし、とにかくよく泣いている。そんな泣き虫の自分がけっこうすきだったりする。なんだ、ちゃんと生きてるじゃん。そんな気分になる。それと。泣いてしまうのは幸せだからで、それはいつだってまるで夢をみているよう。そのことがすこしだけわたしを苦しめる。あー、朝がこなければいいのに。願わくばこの夢がずっと続きますように、覚めることのない夢を見ていられますように。幸せの絶頂で消えることができたら後腐れもないなあ。ほんとうはすぐに楽しくて気持ちよくて幸せになれたらいい!

やまない雨がないようにさめない夢もない。

泣いても笑っても行き着く場所が同じなら不器用なりに愛してみたい。日常生活すらままならないけど、情けなく頼りない毎日がすこしだけ楽しくなったらいいな、いいなと願ってる。それしかできないんだ、朝になれば起きてしまうから。
とてもとてもちいさなこと、たぶんわすれてしまうようなことが明日になっていく。だなんてありふれた少女漫画のような日記になってしまった。

こんにちは。

言葉がおおすぎる、いつものことだけれど。我慢をすればどっと漏れた言葉でうめつくしてしまう。もっと色はすくなくていいし、そんなに迷い線ばかりでどれを選べばいいか。可能性なんてないほうが幸せを選びやすいって言葉の意味が分かるようになってしまった。でも迷って酔っていたい。

それでも。

わたしの好きなことばです。これは祈り、雨乞い。どうかどうか、すぐに絶望と諦念をおぼえるわたしを奮わせるために。
うーん、すこしちがう。うまくは言えないな、うまくは言えないな。
やっぱり散らかしてしまうなあ。

あくろすざゆにばーす!

おやすみ。

灰色の女

煙草に火を。

大切な花を凍らせて造花にしてもその香りはもうない。
道端に咲くつつじを最後に吸ったのはいつだっけ。

あの頃咥えていた駄菓子の代わりに、
あの頃飲んでいたラムネの代わりに。

未来を信じてると合唱していたのに、いつの間にか忘れられないのは過去の事と一人でカラオケに行っていた。

みんなどこへ消えてしまったんだろう。
あの頃着ていたポップな服はどこにあるのだろう。
わたしは大人になってしまった。
わたしは灰色ばかり着てしまう。


えっと。

そんなんじゃないよって言いたかったんだよね。
もっと自由に楽に過ごせるだなんて言いきって、そうやって胸を張ってみたかったなって。


生きてゆくことはとても疲れるな。


わたしはそれでも頑張る人に憧れていた。
そうなろうとしたけどあまり元気に過ごせる人ではないみたい。


だから、それでも。

元気じゃなくても、大人になっちゃっても、それでも道はあるんだって言えるような、ぎりぎり低空飛行だって堕ちてないんだって、そう言える日がいつか来るといいな。

散文と言い訳と雪と桜。

半年もなにもかけないままでした、あおです。
べつに書く内容はいくらでもあったかもしれない、し、ほんとうになにもなかったのかもしれない。
うん、くるしかったかも。



そういえば冬がすきなのだけれどどうにかその理由を春になる前に聞いてほしい。

わたしは冬がすきだ。

はりつめた空気も。
身につけたアクセサリーが冷えて身体の輪郭を殊更にはっきりさせることも。
もこもことした服に包まれてすごせることも。
街が色彩を喪って秩序を持つことも。
ときどき降る雪が同じ白に染め上げることも。
降る雨がやけにセンチメンタルなことも。
暖かいものがしあわせに思えることも。

でも。

なによりも冬がすきなのは、物語のはじまりを思わせるからかもしれないって。


学生だったわたしは、夏になれば軽率にだれかにであったりであわなかったりを休暇に託けてできていた。
そんなときにはじめまして、だなんてこともそれなりに多くて、そして仲良くなるころにはちょうど冬で。
そう、冬はわたしにとってはそういう季節で。

それだけじゃなくてもっと冬をあいしてる理由をならべてみたいのだけれど、言葉より先に冬がすきかもしれないと気付いたあおなのでした。

街角に指名手配。

私は時々、大罪人になってしまおうかと考えあぐねることがある。

交差点、電車の中、コンビニエンスストア、ショッピングモール。

その中での平和を、うんと壊して清々しく笑って逃げたいと思う。

どの場所にも秩序と調和、日常がとめどなく流れ人々は疑わない。

その中にいて。

 

「突然踊りだしてみたい。」

「突然歌い出してみたい。」

「突然空に会話してみたい。」

「脈絡もなく身体を変に動かしてみたい。」

 

どんな奇異な視線を向けられるだろう。

日常の中に、平穏の中に突然現れるそれはもはや暴力で、多分苛立ちと少しの恐怖でその非日常を意識の外に追いだそうとするに違いない。

 

でもどうしようもなく衝動にかられてやってみたくなる。

 

日常にどうやったら非日常を持ち込めるだろうか。