誰かがいった。

そうじゃなくて私が言った日常の何か。

夢を喰う人

今朝濃密な夢を見た、いや、多分濃密な夢なんてものはよく見てるのかもしれない。だけれど夢の多くは泡沫のように起きたら消えてゆき、気付けばただ寝ていたことだけが残る。

人の夢と書いて儚いと読む。それは紛れもない事実でしょう、こうやって身体はその儚さを覚えてはくれない。
もしも、今生きてるこの一瞬、生きていたあのとき、それらも全て夢だったら、と思うと時々あまりにも恐ろしくなる。
起きたら忘れるのだろうか、もあるし、全て実在しなかったのだろうか、とも震えるし。夢。そう思うともう、化け物のように思えてならなかった。私はそれが現実に在るものと知るために、手に残る感覚を、耳に残る音を、舌に残る味を、目を通り抜けた光を、鼻に残る香りを信じたい。


夢とは叶わないものなのでしょうか、消えるものなのでしょうか、願望なのでしょうか。