誰かがいった。

そうじゃなくて私が言った日常の何か。

20と1回

今年も誕生日というものが来た。
21歳になれてしまったことに驚いている。
まだ生きているし、身体も自由が利く。
死の匂いみたいなものはなくなったし、やつれた顔でも笑って過ごせている。
思ったより尖った毎日だし、日常に溶け込んだ凶器は人の心の鞘に守られて切っ先を見ることもない。

ついにこの歳かとも思う。
まだまだ若さを五体の端まで行き渡らせているけれど、そういえば。

ティーンだった頃、憧れてやまなかった人たちはかつて21歳だった。

あの頃見ていた大人になってしまえば、私は追いつけるのだろうか、それとも越えられないのだろうか、そんなことを考えていた気がする。
けれどあまりにもあっけなく、その答えは見えてきた。

それは比べられるものではなかった…。

追いついたり越えたりするような道の上にいなくて、自由な場所にいるのかもしれないね。

それから、あの頃の彼ら、彼女ら同じ歳になって、これからティーンに会う側になるのかもしれない。
すでに出会ってしまってるのかもしれない。

あの時の大人に私はなれるだろうか。