読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かがいった。

そうじゃなくて私が言った日常の何か。

閑話休題。

私はよく遊ぶ幼馴染がいて、彼に「人に対して真面目過ぎるし、優しいけれど、不器用な優しさだな。」というようなことを言われた。

そうね、と思う。

だから体力がもたなかったりするのだろうね、だから。
適度に力を抜いていたいかな。

それでなんでこうやって人に向き合うようになったか、なんだけれども。
簡潔に言えば好きな人がそうだったのよね、もうそれは見ていて心配するくらいに人に真っ直ぐで、全ての人に言葉が通じると思うような人で。
そのことにすごく惹かれたし、そんな消耗するような向き合いかたはある意味無責任かもしれない、だとか余計なお世話を思っていたの。

いつの間に自分もそうなっていたんだよね、言われて気付いて。

もう少し器用に生きられたら、いいな。